FC2ブログ
ホーム » ●はじめに

ゴルフのスコアが伸びない時|練習方法の見直しから始めてみては?

   golf

最初は苦手を減らす練習方法、そしてスコアを良くする環境作り!

ゴルフは若い人から高齢者まで長く楽しめるスポーツです!

ゴルフで新しい友を見つけることもできるし
緑に恵まれたコースを太陽を浴びて歩けることも
そして運動不足の解消にもなって健康にもいいし!


その上スコアが良ければ楽しさも倍増します!


しかし、スコアは簡単には良くなりませんし
初心者の方はヘタをすると定めた目標に到達するまで
長~く遠回りすることにもなりかねません


また、経験豊かな方でもスコアが停滞したままで
改善の兆しも出てこず悩んでいることも多いんです



苦手を克服する練習方法を詳細に決めることから!
ゴルフはけっこう体を使うスポーツですから
ある程度の練習量や実践経験なくして上手くなりません


そして、「練習は嘘をつかない」との諺もあります


つまり、練習して会得したことは必ず成果(スコア)に繋がると
スポーツの偉人達が言っているんですね。

スコアが伸びない時は謙虚になって練習方法を見直してみましょう!


練習の本来の目的は、目標スコアを達成するためですが、
ややもすると自分の好みのショットに片寄ることがありますので
本来の目的にそうように中身を見直すことも必要です


ご自分のスコアを悪くしているショットをリストアップして、
スコアを大きく悪化させている苦手のショットから順番に
練習量を多くするようにマニュアル化することです


そしてこのマニュアルに基づいて練習を続けて、
コースプレイの結果によってはさらにマニュアルを
見直すというサイクルを回していくことが大切ではないでしょうか


練習は目先や小手先に走らず、3ヶ月~6ヶ月先の
飛躍したご自分を想像して取り組むと楽しいですよ ^ ^



当サイトは、青木功プロが言う「体、技、心」にも気配りし
一般のゴルファーが簡単に取り組めてスコアが早く伸ばせる
以下の4つのポイントを中心にお伝えします

・苦手を克服する練習方法をマニュアル化する(技)

・コースプレイで習得する主な技術(技)

・飛距離を伸ばす筋トレ(体)

・スコアを良くするための心得及び環境作り(心)


ここでお伝えすることは、長い間平均スコア90台前半で
低迷していたごく普通の60歳男が、僅かな期間で
70台を出した時に使った手法が主体になっています


ですから誰でも比較的簡単に使えるものばかりなので
適用できる手法を選び一つでも二つでも使っていただければ
必ずや一歩前進に繋がるものと思っています


あなたのスコアを伸ばす手助けになればとても嬉しいです


あなたも出せます、スコア80台~70台が!


スコアが良いとゴルフが一層楽しくなります ^ ^
あなたのゴルフ仲間や先輩を驚かせてやりましょう♪



« スポンサードリンク »

超簡単な下半身の筋トレ法|高齢者や腰痛の方などにおすすめ

下半身の衰えは中高年ゴルファーの最大の悩み、飛距離が落ちる最大の原因は下半身が弱いことです。

そこで下半身の筋トレとしてスクワット、ウォーキングなどをやったりしますが、腰痛持ちや長く歩くと脚が痛くなる人は、なかなか思うように下半身を強化することが出来ません。

そして、下半身が弱いと飛距離が落ちるだけでなく、ラウンドの後半になると下半身が疲れてきて、安定したショットが打てなくなりスコアを崩すようになります。

後半のスコアが悪いアマチュアゴルファーの殆どは、これに該当するのではと思います。

実は私もこれに該当する一人で、腰痛持ちなので30分も歩くことが出来ず(脚が痛くなるので)、スクワットも苦手で下半身強化が不足していました。

そこで、何とか強化する方法は無いかと探していたところ、四股やヤンキー座り(便所座り、うんこ座りともいう)が、超簡単で効果が期待出来ると思い実践を開始しました。

四股で大腿四頭筋を鍛える


大腿四頭筋は主に膝関節の伸展(膝を伸ばす)や股関節の屈曲を行い、下半身のパワーを上半身に伝える役割があります。
また歩くときの脚を引き上げるパワーにもなるので、この強化はとても重要となります。

四股
四股は強靭な下半身を作るため主に相撲取りが用いている筋トレです。

これが一般人の下半身強化として注目されており、自宅やどこでも簡単に出来るので私も実行することにしました。

実際にやってみると相撲取りのようには出来ませんが、10回程度でけっこう下半身強化になりそうなので、毎日10回x2セットを目標に始めました。

四股を始めて2ヶ月が経過、坂道の歩行もしっかり出来るようになり効果が出てきました。

 ご参考⇒膝痛に四股が良いらしい!下半身強化 を兼ねて四股踏みを試してみる


ヤンキー座りで下半身を鍛える


ヤンキー座りは便所座りとも言われており、和式トイレで排便をするスタイルです。

近年、洋式トイレが普及してヤンキー座りをする人が減少し、日本人の下半身が弱くなったのも、これが原因かもと思います。

私も20数年前に家を建ててからヤンキー座りをしていなかったので、実際にやってみると上手く出来ませんでしたが、3日程度続けたらコツも分かり、けっこう出来るようになりました。

 ご参考⇒ヤンキー座りは腰痛改善や勃起力アップに効果があるそうだ!


まとめ


1.四股を始めて1ヶ月が経過しましたが、1kmぐらい歩くと出ていた左膝の痛み、
  左太腿の痛みが軽減したので私には効果がありました。

  しかし、町内会の市報配りにおいて、15段ぐらいの階段がある7戸に配布しますが、
  この時はやや膝が痛むので確実に効果があるとは言えません。

2.坂道を50mぐらい歩くと足が上がりにくくなり、疲れやすなっていたのが軽くなった。

3.ヤンキーヤンキー座りはまだ始めたばかり、四股との相乗効果を期待しています。


高齢になると体の衰え(とりわけ下半身の衰え)をどれだけ遅くするかが、最大の課題と思っています。

しかし、腰痛や膝、脚の痛みを持っているとスクワットやウォーキングもままならず、衰えるのは見ているだけの人も多いと思います。

でも、四股やヤンキー座りは超簡単に行える筋トレ、ヤンキー座りなどはちょっと前の会社(今でもあるかも)の和式トイレのポーズ、中年以上の人は誰もが経験したことです。

私も60歳までは会社勤めをしていたので、ヤンキー座りの4~5分は簡単に出来ましたが、今は1分程度がやっとです。

でも、これからは四股とヤンキー座りを毎日続け大腿四頭筋を強化すれば、下半身の強化が出来ると期待して続けていきます。

そして目標のドライバー250ヤードとスコアアップに繋げていきたいと思っています。





« スポンサードリンク »

グリーンでピンを抜かないでパット|2019年ルールを適用したB・デシャンボー

グリーン上でピンを抜かずにパットが打てる2019年新ルールがさっそく適用された。

昨年までのルールでは、グリーン上のパットはピンを抜くのが正規ルールでしたが、プレイのスピードを早めるための一環として抜かなくても良いようになったのだ。

このルールをさっそく適用したのがブライソン・デシャンボーで、昨シーズン優勝者のみが出場する「セントリートーナメントofチャンピオンズ 」の初日にこのルールを活用し、2日目途中で1位タイと優勝を狙えるプレイをしている。

ブライソン・デシャンボーは独自の理論で“ゴルフ科学者”の異名を持つ選手、そのスイングフォームも独特で、彼曰く「下りのパットではすごく(ピンが)役に立つと思った。可能性を最大限に生かした」とコメント。

下りの打ちすぎやカップからはねるのを防ぐのに良いかも、アマチュアの私たちにも参考にできそうですね。

今回のルール改正は大幅であり、上手く使えば大叩きを防げることも可能です。

バンカーが苦手な人は、2打罰を加えてバンカー外から打つ(従来に無かったルール)ことができるようになったので、その人にとっては有利なルールです。

その他にも、多数あるので勉強すると有利になります。

このようにルールを上手く使うこともゴルフをする上で大事なことになります。





« スポンサードリンク »

ゴルフで打ち急がないための方法はトップからの切り返しをちょっと工夫

ゴルフでは打ち急ぎになるとインパクト時の体の中心がボール側にズレやすく、スライスボールになる傾向があります。

また、体の回転より腕が先に回るケースも出て、インパクト時のフェース角がずれると大きなフックやスライスが出てしまいます。

これはラウンド中によく起こる現象で、トップからの切り返しが早過ぎるのが主な原因です。

この対策としてよく言われているのが「トップで間を取る」という言葉で、これが出来れば打ち急ぎが無くなるのは間違いないと思います。

ただ、トップで間を取ると言われても結構難しく、中々身に付かない人も多いと思いますので、もう一つの方法をご紹介します。


.

打ち急ぎが起こりやすいケースと原因は?


打ち急ぎが起こりやすいケースは、ラウンドのスタート時の第1打目、ドライバーでナイスショットをした後の2打目、ロングホールのティーショット(ドライビングコンテスト有り)などで、通常と異なる心理状態の時に起こりやすいと思います。

打ち急ぎの原因と事例
1)ラウンドのスタート時の第1打目はどんな人も緊張するもので、打ち急ぎでスイングのトップで肩に力が入り、腕と体の回転がバラバラになってトラブルショットになります。

2)ドライバーのティーショットで会心の当たりをして、楽々バーオン出来る状態になった時、通常と異なる心理状態で早打ちし、体が突っ込んだりしてトラブルショットを引き起こすことも多いのです。

3)ドライビングコンテストのかかったロングホールのティーショットも通常と異なる心理状態に成りがちです。
  特にドラコンを狙える人に出る打ち急ぎ、肩に力が入って体と腕の回転がバラバラになり
  トラブルショットとなることが多いのです。


打ち急ぎを防止するトップからの切り返し方法


打ち急ぎを防止する方法で多くの人は「トップで間を取る」と提唱し、松山英樹選手などのトップの間を紹介したりしています。

松山選手は、プロの中でもトップで停止する時間(間)が長く、非常に解りやすいので、参考にし易いスイングだと思います。

しかし、それも身に付かない場合は、以下を一度試して頂きたいと思います。

打ち急ぎを防止するトップからの切り返し法
1)構えた時に意識的に肩の力を抜き、手にヘッドの重みを感じる程度にグリップを握る

2)左肘を伸ばして体と腕を一体化してゆっくりテークバックをしてトップまで

3)トップからの切り返す瞬間は、ヘッドの重みで自然にクラブを降ろす感覚で行い、
  次第に体と腕で振り切って行くようにする。


4)上記の方法で素振りや打ちっぱなしで、しっかりと体に覚えさせる


なお、この切り返し法では飛距離が出ないと感じるかも知れませんが、切り返しをクラブヘッドの重みで自然に行うことは、肩に力が入らないことにもなり、ヘッドが良く走り飛距離が落ちる心配はありません。

素振りと打ちっぱなしでタイミングを掴むことが会得のポイントです。

そして、冬場のオフシーズンにスイングンを会得しておけば、新シーズンの飛躍は間違いないものと思います。

いかがでしょうか、参考になれば幸いです。








« スポンサードリンク »

おすすめのゴルフドライバー&ボール|2018国内男子プロツアー最多勝を参考

おすすめのゴルフドライバーやボールをお探しなら2018年の最多勝が参考になるかも!

では、日本国内の男子ツアーで使われたドライバーとボールで、最多勝を含めたベスト3はどんなものだったのでしょうか?


2018年国内男子ツアーで勝利したドライバーのベスト3


1位:ダンロップ スリクソン Z745 ドライバー 通算6勝・・・前年度1勝から大きく前進
     優勝者:星野陸也、秋吉翔太ら
       ※「ヘッドの見た目が良い、スピン量も良い、更につかまり具合もいい」と使用者のコメント有り

2位:キャロウェイ GBB エピック スター ドライバー 5勝・・・前年度1勝こちらも大きく前進
     優勝者:重永亜斗夢、市原弘大ら
      ※「弾きがよくて飛距離が出る、打感が硬くなく操作性もいい」とのコメント有り

2位:テーラーメイド M1 440 ドライバー 5勝・・・前年度7勝こちらは安定して勝ち星を上げている
     優勝者:木下裕太、チェ・ホソンら


2018年国内男子ツアーで勝利したボールのベスト3


1位:タイトリスト プロV1xボール 12勝(全24試合中、半数の12試合を制す)
     優勝者:今平周吾、谷口徹、、小平智、チェ・ホソンら
       ※「スピンが利いて飛距離も出る」 とのコメント有り    

2位:スリクソン Zスター ボール 6勝
     優勝者:秋吉翔太、出水田大二郎、星野陸也ら
       ※「球質が重く風に強い」とのコメント有り
         私も今年からこのボールを使っており良い感触を得ています
3位:ブリヂストン ツアーB シリーズ  4勝
     優勝者:時松隆光、市原弘大、池田勇太ら


ドライバーやボール選びで悩んだらプロが使用し勝利数の多いものを選ぶのも一つの方法です。

私はドライバーはこれらを使っていませんが、今年から松山英樹選手も使っている「スリクソン Zスター」を使っています。


参考になれば幸いです。





« スポンサードリンク »

Return to page top

キャピタルゲイン