FC2ブログ
ホーム » ●戦略とマネジメント

ゴルフ70台マネジメント|60歳からでもその気になれば出せる70台

ゴルフスコア70台、これは誰もが一度は出したいと思いますよね!

実はその気になって覚悟を決めれば、決して不可能ではなく、
夢の70台は実現できます

従って、もしあなたがスコア70台に挑戦しようと思うなら
事前にマネジメントされることをオススメします

マネジメント、この意味を調べてみますと以下のような記載があります

マネジメントとは:目標、目的を達成するために必要な要素を分析し
           成功するために手を打つこと。

つまり大きな目標(スコア70台)を達成するためには、
事前に成功への道筋を練って手を打って行くのが
早道だといっているものと思います

だから、もしスコア70台を1度でもいいから出す、
そのためにやれるだけの努力をすると決めたら、
そのためのマネジメントをしていきましょう

では、どんな手を打っていけばいいのでしょうか?

僭越ながら、私が60歳でスコア70台を目指し
1年以内で達成した手段を紹介します


これは、70台だけではなく、大幅にスコアを伸ばしたい人にも
使える方法ですので参考にしていただければ幸いです


1.挑戦前の自分の実力の分析(例)

 1)私の平均スコア:93  ベストスコア:84 

 2)スコアが低迷していた主な理由

   ・練習量(1回/週)、ラウンド数(12回/年)が少ない

   ・パット及び100ヤード以内のアプローチが苦手
    ドライバーの方向性が悪くOBも出す

   ・70台を目指すような大きな目標を持っていなかった

   ・クラブシャフトがスチールで体力的に合わない

2.目標と実行計画など

 1)目標の明確化
   目標:1年以内に70台を1回でもいいので出す

 2)練習量とラウンド数を増やす
   身近いる70台を出している人を参考に自分が出来る範囲で決めた
 
   ・練習量:3回/週、但しラウンドのある週は2回にする

   ・ラウンド数:40回以上/年
       ※仲間を探しプライベートゴルフを増やす

 3)スコアを大きく悪化させている苦手ショットの練習を2倍に増やす
   パットは自宅練習の実施、アプローチ、ドライバーなどは
   練習内容に組み込み(マニュアル化)毎回練習する
     ※苦手ショットの上達がスコア短縮の最大のぶきになるから

 4)ショットの技術を磨くには手本(教材)を選ぶ
   自己流で間違った方向にいかないため、手本とする教材を購入し、
   スイングの参考にした(グリップを握る強さ、アプローチなど)

   ※参考にしたプロの教材:デビッド・レッドベター、中島常幸、高橋勝成   

3.ゴルフクラブの新調
   カーボンシャフトで使い易いゼクシオの最新モデルを購入

4.筋トレ、素振りの励行
  筋トレは懸垂、腹筋、散歩・ジョッキングなど

5.ゴルフ場における準備、怠慢な行動を止める
  ・ゴルフ場には1時間前に到着して、柔軟体操、パット練習など
   余裕をもって準備する

  ・昼食は腹八分、お酒は飲まない(飲酒運転防止にもなる)
    
以上の実行により実質7ヶ月で70台が出せました!

一般のアマチュアゴルファーがスコア70台を出すためには、
ある程度のお金と時間が必要なのは間違いありません

従って、私は1年間だけ集中して挑戦することに決め
もし実現しなければ諦める覚悟でやりました

期間を決めずにダラダラやるより、その方が徹底してやれますし、
家族にも納得させやすいですからね

参考になれば幸いです、あなたが70台達成できれば嬉しいです!





« スポンサードリンク »

ゴルフオフシーズンに行うこと|次に向けて戦略を練って練習を始めよう!

ゴルフのオフシーズンには次のステップアップに向けて戦略を作ろう!

ゴルフのオフシーズンは地域によって異なりますが、
12月~2月の3ヶ月ぐらいはラウンド休養と考えてもいいでしょう

私はこの期間を次のステップアップ期間と考えており、
来るシーズンに向けての戦略作りを行うことにしています

では、どんな戦略を作るのか一例を書いてみます

ステップアップのために真剣に考えて行動しましょう


・来シーズンの目標スコアを定める
  70台を出す、90切りを達成する、100切りを達成など

・来シーズンの練習及びラウンド計画を作る
  練習:週2回、 練習:週3回など
  ラウンド:年30回などなど

・重点の練習テーマと技術向上策
  パット、アプローチ、ドライバーの安定性などの具体的なレベルアップ策

・必要ならゴルフクラブの更新
  ゴルフクラブの更新はシーズンオフがベター

・スイング改善のポイントと練習確認など


以上は一つの例ですが、これらを決めて3ヶ月の間に
練習所に行ってある程度目処を付けるようにします

クラブの更新、スイングの改造が戦略にあれば
この期間の練習はとても大切です

定めた目標スコアの達成は早いにこしたことはありませんが、
シーズン半ば及び後半に達成することを念頭にして、
気長に焦らず練習を続けることが肝心です




« スポンサードリンク »

ゴルフで70台を出すマネジメント|1年以内に80切りを実現する手段の一例

独自ゴルフでも70台が出せるマネジメントと手段とは!


ゴルフをやっている人なら一生に一度だけでも
70台を出したいと願ったことがあると思います


そして、今その願いに挑戦中の人もいれば
すでに諦めた人もおられると思います


でも、挑戦中の人も諦めた人も共通の疑問を
お持ちだと私は思っています


それは、未知の世界である80を切り70台を出すためには
いったい何をどれだけやればいいのだろうか?


という疑問をお持ちではないかと?


そんな疑問に答えるために、60歳になった男が
1年以内で70台を達成した手段の全てを紹介します

 ※年齢、経歴、他

  年齢:60歳 身長:173cm 体重:65kg     
  平均スコア:93 ゴルフ歴:16年
  ドライバー飛距離:235ヤード

  普通のサラリーマンで45歳でゴルフを始め60歳で定年退職



70台実現のためにやった全ての手段 
  
1.練習関連

 ・苦手のショットを克服するための練習マニュアルを作った
   
  関連記事:ゴルフの効果的な練習方法|ミスショットを集中して減らすマニュアルとは?
   
 ・練習マニュアルに従い週2回~3回練習をした
   (以前の練習量は週1回程度)
 ・自宅でパット練習を開始した
 ・素振り、筋トレを開始した
 ・たまにではあるがゴルフ場の練習所を借りて
  パット、アプローチ、バンカーの練習をした


2.コースプレイ関連

 ・コースプレイは年間40回以上ラウンドした
   (以前は年12回程度)
 ・プライベートのラウンドを増やしスコアが出しやすい環境にした
 ・コースには1時間前には到着し事前準備を充分行った
 ・歩測を行い正確な距離を把握した
 ・昼食では腹八分、お酒は極力飲まないようにした
 ・ラウンド中も時々ストレッチを行い体をほぐした


3.クラブを新調した

 70台挑戦を決めた時点で、上達の重要な要素となる
 クラブを新調して新たな心構えで臨んだ

 新調したクラブは当時の最新モデル「ゼクシオ3 MP300 フルセット」


4.参考にした教材

 ・高橋勝成の「中高年のためのゴルフのこころと技を教えます」
 
 70台を目指す人に適した教材です


5.その他

 コースプレイを増やすために友人、同期生、
 勤めていた会社の元同僚などに声をかけ増やした



これが60歳の普通の男が独自で70台に挑戦した全ての行動です!


そして、1年以内で70台を達成したのも事実です^ ^


今、70台に一生懸命挑戦している方、
これくらいやれば70台が実現できるかもしれません


でも、人はそれぞれ体格も環境も異なります


こんなにやらなくても実現できる人もいれば
もっとやらないと実現できないかもしれません



ただ確信して言えることは、ほとんどの人が
間違いなく大幅なスコアアップが出来るということです!



« スポンサードリンク »

ゴルフで80を切るために|スコアを伸ばすためのラウンドを設けると早い!

ゴルフで80を切るためにスコアを伸ばすためのラウンドを作る!


もしあなたが早い期間に「80切り」を達成したいと思うなら
スコアを伸ばしやすいラウンドを計画することをオススメします


スコアを伸ばしやすいラウンドとは?


それはプレッシャーのかからないラウンドともいえるもので
つまり友人や同期生のような仲間とプレーすることです


普通アマチュアゴルファーのラウンドといえば
会社のゴルフコンペや同僚、その他の仲間と行います


この場合、先輩も多く、コンペでは優勝がチラついて
けっこうプレッシャーがかかります


このようなラウンドはプレッシャーも大きいので
「80を切る:70台」スコアは出しにくいものです


そして、このようなラウンド中心では目標達成が遅くなるので
早く達成するためにプレッシャーのかからない仲間を集め
ラウンド数を増やすことも戦法だと思うわけです


プレッシャーのかからないラウンドを増やせば上達が早い!



スコア70台を出すためのラウンド計画

・ゴルフ好きの友人、同期生を2~3名探す

・上達意欲のあるスコア80台~90台前半のレベルの人

・1ヶ月に2回ぐらいはラウンドする

・ゴルフ場は70台を出すためのホームコースとする

 ※安くて、近場の難しくないコースを選ぶ

・昼食時にはなるべくお酒を飲まない



このようなラウンド仲間が作れれば上達も早いですよ




まずは「80の壁」を破ること、一度破ればあとは簡単!




« スポンサードリンク »

80を切るゴルフを実現するには|達成への打つ手を決めることから始める!

ゴルフで80を切ることはほとんどのアマチュアが望むこと!


しかし、この望みを達成できたのはセミプロ的なアマチュアを除けば
おそらく10%もいないのではないでしょうか


では、なぜ80を切る人がこんなにも少ないのでしょうか?


もちろん、80を切ること(スコア70台)は非常に高いレベルで
ある程度の素質(飛距離、技)がなければなりません


でも、その素質は多くの人は持っています!


しかし、達成できない人が多いのは
主に次の要因ではないかと考えています

1)80を切るための打つ手を真剣に考えていない

2)時間が無くて練習もラウンドも僅かしかできない



では、その打つ手とはどんな方法が考えられるでしょうか?



80を切るための打つ手とは

1.レベルを上げる技(ショット)を見極める

  どれとどれのショットのレベルを上げれば
  70台が出せるのか見極める

  ドライバー? アプローチ? パット?

  関連記事⇒ ゴルフが上達する練習内容|大きなミスショットを克服することを優先!


2.練習内容を作り直す

  レベルを上げなければならないショットの練習量を増やす

  関連記事⇒ゴルフの効果的な練習方法|ミスショットを集中して減らすマニュアルとは?


3.練習及びラウンド(コースプレイ)の実行計画を立てる

  ショットのレベルを上げるための練習計画や
  ラウンド計画を作る

  ※練習が1回/週程度では上達がとても遅いし
   ラウンドも1回/月程度なら70台達成は困難

  ※最低でも練習は週2回、ラウンドは年間30~40回は必要

  関連記事⇒ゴルフの練習頻度の目安| 平均スコア81~84のベテランに聞いてみたら!

  

後は実行するのみですが、これができない人が多いので
10%以下しか達成できないのではないでしょうか


残念ながら80を切るターゲットは簡単ではなく
ある程度の練習量やラウンド数をこなさないと
ショットの技術レベルが上がりません


たとえ上記が作れても、実際には時間がなかったり
お金もかかるので実行できない人も多くいます


もし、そのような方はチャンスが来るまで待ちましょう♪



お勤めの人は土日の休みが自分の好きに出来る年齢まで♪

お金のない人はお金ができるまで♪

忙しい人は定年になるまで♪



私は定年になってから70台に挑戦して達成できました ^ ^



« スポンサードリンク »

Return to page top

キャピタルゲイン