FC2ブログ
ホーム »  -初心者の練習方法

ゴルフに正しいスイングはあるか?パワーあるフルスイングが出来れば良い

ゴルフに正しいスイングはあるかと問われれば、基本的にはパワーあるフルスイングと応用動作と私は答えます。

一般的にアマチャゴルファーが長くゴルフを続けていく上で最も必要なことは、身体能力を最大限引き出すことが出来る「フルスイング」を身に付けるける」ことだと思います。

これを初心者も高齢者も忘れずに練習を続けていけば、後は応用動作(ハーフスイング、アプローチ、他)がそこそこできれば、常にゴルフ仲間やコンペなどで上位のレベルを維持することが可能です。

そこで今回は「パワーあるフルスイング」、つまり身体能力を最大限引き出すスイングについて述べたいと思います。


ゴルフの正しいスイング⇒パワーあるフルスイング


身体能力を最大限引き出すフルスイングは、3つの基本的な要素が出来れば身に付きます。

それは、テークバックのトップの位置と切り返し、スイングリズム、フィニッシュの位置と考えています。

ゴルフは自己流でも良い手本(教材、上手い人のスイングのポイントを知るなど)から学べば、シングルも可能です。


テークバックのトップの位置と切り返し

フルスイングが小さくならないようにするためテークバック(バックスイング)のトップの位置は、ある程度の高さが必要です。

高さの目安は、グリップが最低でも右肩のやや上以上になればOK、体が柔らかく右耳上ぐらいまで無理なく上がれば充分です。

まずはこれを覚えておき、素振りや練習で心がける。

次に切り返しですが、切り返しの瞬間はあまり力を入れず、自然にクラブが落ちる感覚ぐらいが良いと思います。

切り返しの瞬間に力を入れすぎるとクラブヘッドの走りが悪くなり、ヘッドスピードにマイナスに働きます。


スイングのリズム
スイングのリズムとは、飛距離や方向性を決める重要な要素であり、ブレのないスムーズなスイングスピードとも言い換えられます。

テークバック、切り返しからフィニッシュまでのリズムの良いスイングスピードを素振りや練習で身に付けことを心がけることだと思います。


フィニッシュの位置
自己流でスイングを身に付けた人(初心者や高齢者)に多く見られるのが、中途半端なフィニッシュの位置(ハーフスイングのように)、で終わっていることです。

初心者はスイングの基本が解っていないケース、高齢者は目先のスコアにとらわれ過ぎての理由が多いように思います。

これでは飛距離が出ず、ゴルフがより難しくなり、ゴルフ仲間に勝てることも難しくなります。

ので、正しいフィニッシュの位置を知って、初心者も高齢者も常に意識してスイングを作っていきましょう。

正しいフィニッシュの位置とは、参考までに松山英樹選手の画像を見てください。

         matuyama

ポイントはグリップが左肩より上で、左耳より後方になっていることです。

これくらいまでフィニッシュが出来れば最高、最低限でもグリップが左耳当たりまで位置するように、心がけてスイング作りをしましょう。


フルスイングの身に付け方
大きな鏡や体が映るガラス窓の前に立って、ゆっくりテークバックをしてグリップの位置を確かめ、切り返しも力を入れずリズムを意識しながらフィニッシュまでスイング、フィニッシュ時のグリップの位置を確かめてください。

そして、上記に記載したフルスイングのテークバックのトップの位置、フィニッシュのグリップの位置に近づくように意識しながら素振りをしていってください。

そして、最終的には力強くリズムよく、フィニッシュまで振り切るように素振りで身に付け、練習で確認してください。

これが出来て、そこそこ筋トレをやって筋力が付いていけば、飛距離では常にゴルフ仲間の上位を維持し、ゴルフが易しくなってスコアでも上位を維持することが可能です。


ゴルフ正しいスイングのまとめ


ゴルフはフルスイングが正しく出来れば、後は応用動作で高いレベルのスコアが出ると私は思っています。

飛距離で同僚に劣らず、目先のスコアに拘らず、長く高いレベルを維持することが出来るはずです。

フルスイングの基本は、、テークバックのトップの位置と切り返し、スイングリズム、フィニッシュの位置です。

そしてゴルフはスポーツ、適度な筋トレ、素振り、練習を行い、フルスイングを維持していければ、初心者も高齢者も自己流でも、高いレベルのゴルフが可能です。

共に頑張りましょう♪


【追記】
この方法で74歳の私はドライバーの飛距離250ヤードを達成しています!




« スポンサードリンク »

ゴルフ初心者の練習方法と基本|高いレベルの仲間に負けず長く楽しむ為に!

ゴルフの初心者にオススメの練習方法と基本を紹介します!


ゴルフの初心者といっても様々なタイプがあります


職場の先輩や同僚に誘われ何となく付き合いで始めた人
長く人生の趣味として楽しみたい、そして高いレベルを目指す人など


ここで紹介するのは即席ではなく、数年間はゴルフを続けて
高いレベルの仲間に追いつき追い越す練習方法や基本などです


1.グリップと力加減

 まずはグリップですがオーバーラッピングにしましょう
 ゴルファーのほぼ95%の人が握っている方法です
 
  gurippu

 ・両手のひと指し指と親指のVが右肩を指すように
 ・握る強さは左やや強く、右は左よりやや弱く
 ・右肘に力を入れないように柔らかく
 ・両肩も力を入れすぎないように

2.スイング練習

 スイング練習の基本はフルスイングをきっちりやれることです


1)スイングの基本
 ・かまえる時の足幅は肩幅程度で、グリップの位置は
  体との間に拳が一つぐらい入る感じです

 ・体重は左足に55~60%、両足の親指内側にかかる感じ

 ・バックスイングはグリップが右耳と右肩の間に収まる感じで
  フィニッシュはグリップが左耳と左肩の間に収まる感じです

  ※バックスイングの時、左踵を上げずにベタ足にする
   最初は難しいけど必ず守りましょう

 ・スイングの始動は左肩と左手で行うようにして
  切り返し時も左肩と左手で始め右肘は下に降ろす感じです

 ・フィニッシュは必ず最後まで振り切るようにします
  方向性を気にするあまり中途半端なフィニッシュにしない

   ※中途半端だと飛距離が出ないし大きく伸びない

 ・安全を確認して自宅で素振りをするのも効果的です


2)スイングのイメージ
 ・ボールが左足踵のやや内側にある感じでクラブをセットして
  クラブヘッドがボールの位置を通り過ぎるまで目を離さず
  後は自然にフィニッシュまで振り切りましょう

  首、背骨を中心としたスイングを全力で行い
  体がふらつかなかったら完成に近いスイングとなる
 

 
3.最低限の筋トレを開始して続ける

 ゴルフは誰でも出来ますが体を使うスポーツなので
 筋肉トレーニングをしないと上達が遅いです

 しっかりした飛距離の出るスイングをするためには
 少なくとも以下の筋トレをオススメします

 ・スクワット(下半身強化)、腹筋、懸垂(背筋強化)
 
  関連記事: ゴルフのための筋トレ実施方法


4.練習所での打ちっぱなし練習

 練習所は自宅から近くて安い所を探しましょう

1)練習前の準備
 ・必ず準備運動をして体を柔らかくしましょう
   首、上体、膝、足首、手首など

2)スイングで心がけること
 ・ボールの置く位置はドライバー:左踵の内側
  その他のウッド&3I~5I:左踵やや内側
  その他のアイアン:中央

  ※ドライバー以外のボール位置は自分のスイングに合わせ調整

 ・クラブヘッドをソールしたらボールを見ながらスイングをして
  ヘッドがボールに当たるまで目線を外さずないようにして
  フィニッシュまで振り切ること


3)最初は7I又は6Iで練習してボールが当たるようになったら
  全クラブで練習してクラブ毎の飛距離を把握しましょう

  関連記事: 各クラブの練習例


4)練習回数と球数

 ・忙しくて週1回の練習なら200球
 
 ・最低でも週2~3回が理想 150球以上
  
  
5.自宅練習

 パット練習や素振りなどは短時間で出来ますので
 なるべく自宅で続けるようにすると上達が早いです

 関連記事: パットの練習方法  素振りの練習法


以上のように、筋トレ、練習所の打ちっぱなし、
そして素振りを継続していけば上達も早くなります



ゴルフが出来る健康な体を喜びとすれば練習も苦になりません


そして仲間と同等以上のレベルになればより楽しくなりますよ!





« スポンサードリンク »

Return to page top

キャピタルゲイン