ホーム »  -ティーグラウンド ルール

ティーショットを空振りしてボールが落ちた|正しい処置と救済処置は?

ティーショットを空振りしてボールが落ちてしまったらどうするか?


ティーグラウンドで空振りしてボールが落ちてしまった場合
どのような処置をするのがいいか考えてみましょう


まず、スイングは空振りしたけど1打目は完了で
落ちたボールはインプレー中となります


そこで次のプレーですが、それは状況によって変わると思うんです


1)ロングホールやミドルホールでも距離が長い場合

  このようなケースではドライバーを使って飛ばしたいので
  ティーアップして打った方がいいかもしれません

  ティーアップして打ちたいと決心したらそのむね宣言し
  「1打罰」を加えて、ティーアップして打ちましょう

   ※これはアンプレアブル宣言と同様の処置になります

  この場合は3打目よりのプレー再開となります!



2)ショートホールや短いミドルホールの場合

  このようなケースでは再度のティーアップはしないで
  そのまま打つようにした方がいいですね

  ショートなら2打目で乗る可能性もあります

  ミドルでは3打目で乗る可能性は充分ありまが
  再度のティーアップを選ぶと3打目で乗せるのは
  まず不可能に近いと思われますからね
  
  


ティーショットで空振りしてボールが落ちたとしても
ボールはインプレー中であることを知っておいてください!
 





« スポンサードリンク »

ゴルフのティーショットショットに関するルール|初心者は覚えて得をする!

ゴルフのティーショットのルールも覚えておくと得をする!


ゴルフのルールはうら覚えでもプレーをすることはできますが
覚えておくと得をする(損をしない)ルールもあるので
ルールブックを一通り読んでおくのも上達への近道です


今回は、ティーグラウンド内のティーショットに関するルールを
いくつか紹介したいと思います



ティーグラウンド内のティーショットに関するルール

1)ボールをティーアップしたが、手前の土が凸凹していたので
  土を足で踏みつけて均したあと打った「罰0」

  ※ティーグラウンドでは地面のデコボコや芝をならしてもよい
   これは知っておくと得なルールです

2)ワッグル(素振り)したらティーからボールが落ちたので
  再度ティーアップして打った「罰0」

  ※1打目のストローク前はインプレーではない

3)空振りしたら風圧でティーからボールが落ちたので
  再度ティーアップして打った「罰1」

  ※空振りはインプレー(1打)であり、
   そのあとボールを動かしたので「罰1」

4)空振りしたがボールはティーの上のままだったので
  そのまま打った「罰0」

  ※空振り(1打)、次は2打目となる

5)ティーショットがOB(紛失球)になったようなので
  暫定球を宣言せず打ったが、最初のボールはセーフだった

  宣言せず暫定球を打つと「罰1」となり、初めのボールは
  紛失球扱いとなる(これは知らないと損)

  ※初めのボールは紛失球となるのでプレーできない
   
   この場合は、宣言しなかった暫定球でプレーを続けて
   「最初の1打」+「暫定球1打」+「罰1」で次は4打目となる
    
    暫定球は必ず宣言してから打ちましょう!

6)同伴者に使用クラブの番手などを聞いてから打った「罰2」


7)同伴者のクラブを間違って使ってしまった「罰2」

  ※同伴者が自分と同じクラブを使っている場合は
   間違いやすいのでクラブに印を付けておくとよい

   間違ったまま使い続けると各ホールで「罰2」となるが
   1ラウンドで最高「罰4」しか付加しない



以上のようにルールは知っておいたほうが得をする場合が多い!


従って、ルールブックはさほどお金もかからないので
1冊ぐらいは手元に置いて読んでおきたいものです



関連記事

アンプレアブルのルールも知っておくと得をしますよ^ ^

「アンプレアブル」も必ず宣言を忘れずに!


« スポンサードリンク »

ゴルフのティーショットができる位置と範囲|一度は確認しておきたいルール

ゴルフのティーショットができる位置と範囲とは?


ホールのスタート場所のことをティーインググラウンドといいますが
一般的にはティーグラウンドともいわれています



ティーグラウンドには丸い2つのティーマーカーがあり
ここがティーアップできる場所であることを示しています
         ↓
golfru-ru1


このティーグラウンドでのルールはほとんどの人が知っていますが
細かいところまで一度は確認しておいたほうがいいかなと思います



■ ティーグラウンドのルール

1)ティーショット(ボールを置く位置)ができる範囲は
  ティーマーカーの外側を結ぶ直線の内で
  後方はドラーバー2本以内の範囲までである


2)上記図の範囲の外から打ったら「2打罰」加えて
  再度打ち直します(3打目となる)

  ※ティーマーカー前、ドライバー2本以上の後方
   ティーショットの場所を間違えた等  


3)上記図の範囲外から打ってOBになった場合は
  「2打罰」を加えて再度打ち直します(3打目となる)

  この場合はOBの罰は加えません


---------- ルールここまで --------------



いかがでしょうか、参考になりましたでしょうか?



« スポンサードリンク »

Return to page top

キャピタルゲイン