ホーム »  -バンカー ルール

ゴルフでバンカーの壁にめり込んだボールの処置|ノーペナルティもある

ゴルフでバンカーの壁にめり込んだボールの処置は?

このケースでは、アマチュアの人は処置を間違えることがありますので
よくルールを知っておくことが大切です。

まずバンカーの壁はどうゆう場所であるかを知ることです。

・プロの競技会ではスルーザーグリーンの芝を短く刈ってある場所と
 見なす場合が多いようです

・一般のゴルフ場は手入れが悪く、芝を短く刈ってある場所か? 
 ラフなのか?判断に迷います。


■ バンカーの壁が芝を短く刈ってある場所と見なす場合の処置

1)ボールが空中を飛び壁にめり込んだ場合

  そのボールが空中を飛んで壁にめり込んだ場合のルールは、
  罰なしで最もボールに近い場所にドロップできます!

  通常ドロップすればバンカーに転げ落ちるので2回ドロップして
  ホールに近づかない最もボールに近い場所にリプレースします


2)ボールが空中を飛ばずめり込んだ場合

  ボールが壁の凹みなどで止まっていてそのボールを打ったら
  そのままめり込んでしまったら救済処置はありません

  従って、そのまま打つか、アンプレアブル(1打罰)を宣言し
  プレーを行います。


■ バンカーの壁がラフ、又はバンカーと見なされると

 バンカーの壁が芝を短く刈った場所か、ラフか、それともバンカー内かは
 バンカーを設計した時の条件が本来の姿です

 しかし、一般のゴルフ場では手入れが悪く、どう判断してよいか
 見極められないのが実態である

 ルール上では、競技委員会が上記のどれに当たるか決めることができる


1)壁がラフなら無罰での救済はない

2)壁がバンカー内と見なされるとこれも無罰での救済はない


どちらもそのまま打つか、アンプレアブル(1打罰)宣言してプレーを行う


普通、アマチュアのゴルフコンペでこのような場面の処置を
議論することはほとんどなく、アンプレアブル(1打罰)処置を
してしまうことが多い


ひょっとしたら1打損をしたかもしれないですね!




« スポンサードリンク »

バンカーのアンプレアブル ドロップ場所がない場合は|元の場所に戻りましょう

バンカーのアンプレアブル ドロップ場所がない時は?


バンカーでアンプレアブルを宣言するとルールでは
「1打罰」を加えて、以下の3つの中から処置が選べます

1)その前に打った場所の最も近いと思われる場所から
  打ち直すことが出来ます

2)アンプレアブルを宣言するボールとホールを結んだ直線上の 
  ボール後方のバンカー内にドロップすることができる

3)アンプレアブルを宣言するボールの2クラブレングス内で
  ホールに近づかないバンカー内にドロップできる



このルールから、バンカー内にドロップする場所がないなら
(1)しか選択はありません



つまり、
その前に打った場所の最も近いと思われる場所に戻り
ドロップして打ち直すことになります!



※バンカー内にドロップ場所がないケース

・バックスイングができない場所にボールがある

 でも横に出せるのならアンプレアブルを選ばない方がよい










« スポンサードリンク »

バンカーが水浸しの場合のルール|運が悪いと諦め1打罰を加えプレー!

雨上がりのバンカーが水浸しでボールが入った!


まれですが大雨でバンカーが池のように水浸しになることがあります


こんなバンカーにボールが入ったら運が悪いと諦めましょう


普通バンカーの場合、罰なしで打てるのに・・・


水はけの悪いバンカーを恨めしく思っても
仕方ないので次のショットに集中するしかありません



水浸しのバンカーのルール


1)バンカー内では打てないので「1打罰」を加えて
  ホールとボールを結んだ線上のバンカー後方ならどこからも打てる


2)アンプレアブルを選ぶ方法もある「1打罰」

  しかし、この方法ではバンカー内にドロップするか
  最後に打った場所まで戻るかの選択しかない

  バンカーは水浸しだからドロップできないし
  最後に打った場所なら距離も遠くなる

  従って、同じ罰なら(1)を選んだ方が良い


  関連記事:
  アンプレアブルをバンカーで宣言|ゴルフのルールでは3つの処置法がある!



« スポンサードリンク »

バンカーの水たまりに入ったボールの処置は|ゴルフルールでは無罰で救済!

バンカーの水たまりにボールが入ったらどう処置をする?


バンカーでは、雨が降って水溜りができることはよくあることです



この水溜りに運悪くボールが入ったり、ボールが入らなくても
正常にスタンスした場合に足が水溜りに入ることもあります



このような場合、ゴルフルールでは通常「無罰」で次のような
救済処置を受けられますので知っておいてください



バンカーの水溜りにボールが入った場合の処置

1.バンカー内に打てる場所がある場合

  まずホールに近づかない水溜りを避けられる場所を探し
  その場所でボールに最も近い位置を決めて、
  そこから1クラブレングス内にボールをドロップする
  
  ※バンカー内にドロップすれば「無罰」である


2.バンカー内に打てる場所が無かった場合

  大雨でバンカー内が満水になることもあるし
  満水でなくても水浸しで打てない場合がある

  このような状態ではバンカー外から打たざるをえないが  
  その場合は「1打罰」を加えてプレーを再開する


1)バンカー外にドロップする場合のルール

  ホールとボールを結んだ線上のバンカー外後方にドロップする

  ※この場合「1打罰」を加える


2)アンプレアブル(アンプレヤブル)宣言

  バンカー内で打てなくてどうせ「1打罰」を加えるなら
  同じペナルティーであるアンプレアブルを選ぶ方法もある

  この場合、最後に打った場所に戻ることもできる

  参考:ゴルフのアンプレアブルの処置| 上手く使いこなせば大叩きを防げる!


  ※どちらが良い結果を得られるか考え選択すべきですね!  





関連記事

ゴルフのルールで水たまりの処置は|スルーザグリーンではどうする?

ゴルフでグリーンに水たまりがあったら|パットの処置はどうすればいい?




« スポンサードリンク »

アンプレアブルをバンカーで宣言|ゴルフのルールでは3つの処置法がある!

バンカーのアンプレアブル処置には3つの方法がある!


バンカー内の傾斜などに運が悪くボールがめり込んだ場合
次のショットをどうするか考えものですね


砂が柔らかければ出せるかもしれないし
下手をするともっとめり込むかなどの判断が必要です


自信がなければ即アンプレアブルの宣言です!


ゴルフは攻めばかりではなく引くことも大切で
これが大怪我をしない適切な判断となります^ ^



では、バンカーのアンプレアブルの処置ですが
ルールでは3つの方法があります

その中からベストの方法を選んでプレーを進めてください


1.バンカーのアンプレアブル処置の方法

  アンプレアブルを宣言したら「1打罰」を加える


1)最後に打った場所に戻ってできるだけ近い位置に
  ドロップしてプレーを再開する

  ※ティーショット(1打)した後にアンプレアブルを宣言する時は
   再度ティーアップしてプレーできる


2)当該ボールの位置から2クラブレングス以内で
  ホールに近づかないバンカー内にドロップして
  プレーを再開する


3)当該ボールとホールを結んだボール後方の直線上の
  バンカー内にドロップしてプレーを再開する



最後に打った場所に戻らない場合は、バンカー内にドロップです!




« スポンサードリンク »

Return to page top

キャピタルゲイン