FC2ブログ
ホーム » ●ゴルが上達しない理由

自分のゴルフが上達しない&不安定な最大のポイントを見極めよう!

ゴルフがなかなか上達しない、壁を突破できない時は、最大のポイントが何か見極めることに傾注しましょう!

このテーマを考えようと思ったのは、畑岡奈紗選手が最近4日間試合で2日間低迷するのが続いていること、私もコンペでベスグロ2位が続いていることからです。

畑岡選手は、2日間の低迷による自滅での優勝争い脱落が続き、私は終盤でのトラブルが続いて自滅するパターンです。

従って、自滅を無くし部分の力を発揮出来るパターンに変える必要があります。


畑岡奈紗選手の不安定な現象とは?


 ・ショートパット(1~2m)の入りが1日ごと大きく変わる
 ・ショットの修正がイマイチ思うようにいかないようだ

これらで2日間好スコア、2日間低迷で優勝争いから脱落している。

畑岡選手は、この2日間の低迷を克服すれば、2勝目は相当な確率でいけると思う。

1日ごとの夜の過ごし方、プレッシャー、体力のコントロールなど何が原因か分からないが、畑岡選手はこれを究明して克服することが緊急の課題。


私の終盤の崩れ


私は終盤の3~4ホールでバンカーに放り込んだりして大叩きすることが多く、ベスグロを逃している。

バンカーを避けたりはしているが、どちらかといえばスライスでバンカーに入れるケースが多い。

原因としては、
 ・終盤に下半身が弱ってきている
 ・無理してパーオンを狙いすぎる

などが考えられるので、この対策が必要だと思っている。

ただ、下半身強化は膝が痛かったり、腰痛持ちなので結構難しい。

もう一つの無理してパーオンを狙う点については、コースマネジメントをしっかり考え、狙い目をより安全にするなど実行していこうと思っている。


ゴルフは課題克服に面白さ・楽しさがある


ゴルフは飛ばしたり、スコアが良いと楽しいですが、自分の弱みを究明して、それを徹底的に克服する過程も楽しいものである。

そして難しい課題が思い通りに克服できて、スコアが良くなれば究極の喜びとなります。


74歳で飛距離250ヤードを達成したことは、私の究極の喜びであり、まだ2~3残っている課題の克服も楽しみです。

それは、
 ・ラウンド終盤のトラブル防止
 ・フィニッシュの形の完成度100%を目指す
 ・アプローチ精度のアップ

などですが、これを克服すれば、練習量が少なく(週2回)・ラウンド数が少なく(年5~6回)ても、スコア70台が出せると思えるからです。

ゴルフの楽しみ方は、ゴルフが好きで自分の考え方によって、いろいろなことで楽しめますね!





« スポンサードリンク »

ゴルフでスランプに陥ったら「体・技」から改善しよう!

ゴルフでスランプに陥ったら原点の「体・技」を鍛えよう!

プロゴルファーのレジェンド青木功は、長い米ツアーの転戦経験を持ち、
ゴルフは「体・技・心」を鍛えないとトップレベルにはなれないと言っている

一般的なスポーツの世界では語呂合わせが良いのか「心・技・体」というが、
スポーツはまずしっかりした体がなければ最高のパーフォーマンスが出せないと
青木功は言っているのである

ゴルフにおいてもしっかり振り切っても体がブレず、
飛距離が出て方向性の良いボールを打てる体に鍛えるのが
一番先に行うべきと青木は言っているのである


米国ツアーのシード権を失った石川遼が国内に戻ったが、
3試合連続の予選落ちで低迷している

その原因の最たるものはドライバーの方向性の悪さであり、
その影響で他のショットも悪くなったようだ


ドライバーの方向性が悪くなったのは、米ツアーで飛距離を出すため、
強振したり・下半身を使い過ぎたりしたのが原因と思われるが、
根本は「体幹が弱い」まま、つまり体の鍛え方が甘いままに、
スイングしていることが原因と思う

それは、石川よりはるかに体格が良い松山英樹の方が、
体力強化のトレーニングをしていること、
そしてそれが成績に反映されていることからも明らかである

石川のスランプのまず第一は「体幹の弱さ」であるが、
本人・スタッフ共に気が付いていないとこに問題はある

次に「体・技」の技術であるが、これは自分で研究するか、
ベストな指導者の教えを受けることである


石川のドライバーの悪さは数年続いていることから、
自分で改善する能力は乏しいようなので(体幹を強くすれば少しは良くなる)、
良いコーチに付くのが早道ではある

先日、尾崎将司から「トップからの切り返しの指摘」を受けていたが、
そんなに単純なものではないと思う

果たして、石川遼は利口になって復活するか?

我々、アマチュアのスランプも同様であり、
スランプになったら体を鍛え直し、ゴルフスクールに入ったり、
良い教材を見つけて技術を磨くことがスランプ脱出の早道である

新たな挑戦が自信を生み出し、改善された練習が向上に繋がる♪



2017.11.02 記




« スポンサードリンク »

ゴルフスコアが低下してきた場合/マンネリから抜け出す知恵

ゴルフスコアが低下(悪化)してきたら客観的に自分を見直そう!

初心者も中高年もゴルフ歴の長い人も、ゴルフスコアの低下(悪化)が続き、
その低迷からなかなか抜け出せない時があります

いわゆるスランプ、マンネリといわれるもので、
このような場合は自分を冷静に見つめる、客観的に見て、
対策を講じれば良いのですが、これがなかなかで出来ないのです

これはプロでもなかなか出来ず、例えば石川遼の低迷も同様で、
冷静に見つめられず対策が出来ないのです

ある意味、思い切った対応策をとる勇気がないのかも知れません

またプロ野球にも同様の選手がいて、例えば巨人の小林捕手は、
その打撃を第2のピッチャーと揶揄されるほど低打率ですが、
体力強化も見られず、バットスイングも迫力が感じられません

つまり、自分の低迷、マンネリに対して勇気ある有効な対策を
見つけられない、実行できないのが、最大の問題なのです

では、どうすればその状態から抜け出せるのか?

それは、自分の課題に対して良きアドバイスがあれば、
受け入れる、指導受ける気持ちが必要なのです

優れた人の真似をする、アドバイスを受ける、
あるいは優れた指導書を元に練習を行うなど、
上手くなるために貪欲になることでしょう


この点、上記に上げた石川遼も小林捕手もまったく成っていない、
勇気ある行動が出来ないので、今後も長期低迷は続くと思われます

上手くなるのに貪欲であれば、邪魔なプライドも捨てられるのに!

これに早く気づかないと、いつまでも低迷が続きます

アマチュアの方も、ゴルフが好きで長く楽しく続けたいと思うなら、
スコアの低下(悪化)は、その阻害となる要因です

従って、思いきって勇気ある行動、つまり上手い人や、
指導書(ゴルフ教材)から学ぶことに舵を切り替えましょう

  ご参考⇒思い切って殻を破ろう








« スポンサードリンク »

ゴルフが上手くならないなら|体・技・心の順位に見直してみてはいかが!

もし貴方が「ゴルフが上手くならない」と思われているなら!

青木功プロが言われるゴルフは「体・技・心」の順で重要である!

について見直し、手を打たれてはいかがでしょうか?

まずは「体」について考えてみましょう

■ゴルフに必要な体とは

 1)フルスイングしても体がブレず、しっかりフィニッシュが作れる体
   素振り、筋トレ、練習で作ることができる

 2)一般のアマチュアは1ラウンドプレイしても疲れない体
   散歩・ジョッキングなどで足を鍛えることができる


■ゴルフに必要な技術

1)ラウンドでスコアを崩したミスショットを記録し、
  そのショットの練習量を大幅に増やす

2)常にミスショットの練習、ラウンドで試す、
  このサイクルを繰り返す努力をする


■ゴルフに必要な心

1)雑念や欲を消して目の前のショットに集中する心
  飛ばしてやろうとか、スコアの計算を常にしたりとか、
  目先のショットの集中を妨げる考えを抑える

2)1ショットへの集中の積み上げが良いスコアとなり、
  コンペなどの優勝に繋がる

  ※雑念・欲・計算高いことはゴルフの下手に通じる!


参考になれば幸いです、ゴルフが上手くなりますように♪



« スポンサードリンク »

ゴルフが大好きで努力することが楽しければゴルフは上達します!

ゴルフが大好きであることがゴルフ上達の秘訣!

アマチュアゴルファーが上達する秘訣は、
やはりゴルフが大好きであることでしょうね


「好きこそものの上手なれ」という諺があるように、
ゴルフが大好きであれば長く続けられるし、
上手くなるための研究心も湧いてきます


研究心があって長く続けられるならば、
間違いなく上手くなります


一般的にゴルフをやめる原因として、
スコアが伸びないとか、スランプから抜け出せなくなって
ゴルフが面白くないと聞きます


しかし、本当にゴルフが大好きなら
スコアが伸びない原因もスランプの原因も
研究心があるので見つけることができます


そして、改善策を試すことがまた楽しくて、
効果を出すことができるのです


ゴルフは自分なりの頂点を極めても、
油断・年齢・体の調子などで
高いレベルの維持は難しいものです


ゴルフは常に試行錯誤しながらするスポーツ、
それがまた楽しいことなのです


単なるスコアだけではないゴルフ、
いろいろな楽しみ方があるのです


ゴルフが大好きであればそれを見つけられるし、
それほど好きでなければ見つけられません


ゴルフ大好き人間は最高です!




« スポンサードリンク »

Return to page top

キャピタルゲイン