FC2ブログ
ホーム »  -松山英樹

2019マスターズはタイガー・ウッズが逆転勝ち|松山英樹は32位タイ

2019年マスターズ最終日、トップに2打差の2位で出たタイガー・ウッズが2つ伸ばして通算13アンダーとして、2位に1打差の逆転優勝を果たした。

ここ数年、私生活のトラブルや体調不良でゴルフが出来ない時期があり、本来のゴルフが出来なかったタイガーであったが、昨年のプレーオフ最終戦で優勝したことで、タイガー復活の兆しがみえていた。

そしてマスターズで11年ぶりのメジャーの優勝(マスターズの優勝は5回目)、まさに復活を果たしたと言えますね。

一方、最終日の爆発を期待した我ら松山英樹は、3バーディ、3ボギーと伸ばせず通算3アンダーの32位で終えた。

メジャー優勝は、次回に期待しましょう。


松山英樹のジェネシス・オープン成績


1日目(+3):0イーグル、3バーディ、4ボギー、1ダボ   63位
2日目(-2):0イーグル、5バーディ、3ボギー、0ダボ   46位
3日目(-4):0イーグル、8バーディ、2ボギー、1ダボ   25位
4日目( E):0イーグル、3バーディ、3ボギー、0ダボ   32位

  通算 -3  32位タイ 優勝のタイガー・ウッズ (-13)とは10打差

今回の試合でも言えるように、やはりボギー、ダボのミスが多いので、これを減らさないと優勝争いはできませんね。

そして、決勝ラウンドの18番ホールでは、3日目ダボ、最終日ボギーと手こずっていましたが、いづれもバンカーに入れてバンカーショットにミスが出ていました。

まずは、バンカーに入れないクラブ選択が必要だったし、3日目はバンカーショットがダフりすぎてボールが出ないミスショット、最終日はバンカーショットでボールが砂に1クッションして出るなど、イージミスに繋がった。

こういうケースでのマネジメントに手抜かり(失礼)が出ていたのが惜しまれる。

この点、ターガーはしっかりクラブ選択をしていたと思います。

テレビ解説の中島常夫プロは、そろそろコーチを付けたらと言っていましたが、私もそう思います。

頑張れ、松山英樹♪


日本人選手の終了日の成績まとめ


32位T(-3):松山英樹
58位T(+5):金谷拓実(アマチュア)・・・最終日+6お疲れモード?
61位T(+6):小平智・・・最終日+4お疲れモード?
-------以下予選落ち-------------------------- 
69位T(+4):今平周吾



■松山英樹選手の2018-2019年PGA(米国ツアー)の全成績


 7戦(02月14日~) ジェネシス・オープ                  9位T(-7)
 6戦(01月31日~) ウェイストマネジメントフェニックスオープン    15位T(-9)
 5戦(01月24日~) ファーマーズインシュランスオープン3日      3T位(-16) 
 4戦(01月11日~) ソニーオープンinハワイ              51位T(-6)
 3戦(11月29日~) ヒーローワールドチャレンジ            18位T(E)
 2戦(10月25日~) WGC-HSBCチャンピオンズ          30位T(+3)
 1戦(10月18日~) ザ・CJカップ                  18位T(-8)


■松山英樹選手の2017 -2018年PGA(米国ツアー)の全成績
   ⇒2017 -2018年PGA(米国ツアー)の全成績



« スポンサードリンク »

2019マスターズ3日目 松山英樹8バーディも首位との差は縮まらず!

2019年マスターズ3日目、トップと8打差の46位でスタートする松山秀樹選手には、ビッグスコアを期待した日本のファンは多かったと思うし私もその一人です。

そして、その期待に応えて松山は前半で3つ伸ばし、後半も13番から3連続バーディを取り、この時点で6つ伸ばし通算5アンダーにしました。

残り3ホールでもう一つぐらいは伸ばしたいと恐らく松山は思った?と想像しますが、しかし、最近の松山はイージーなミスが多く(集中力にバラツキ?)、最終ホール18番のバンカーで出すことが出来ずダボし、トップととの差が10打まで広がった。

こんなところに松山の今の調子が見え隠れして、優勝争いに絡めないジレンマがあるのでしょうか?


松山英樹のジェネシス・オープン成績


1日目(+3):0イーグル、3バーディ、4ボギー、1ダボ   63位
2日目(-2):0イーグル、5バーディ、3ボギー、0ダボ   46位
3日目(-4):0イーグル、8バーディ、2ボギー、1ダボ   25位

  通算 -3  25位タイ 首位のフランチェスコ・モリナリ (-13)とは9打差

この3日間のスコアを見ても分かるようにボギー・ダボが多いので、これでは優勝争いに加われないですよね。

1m近くのパットのミス、そしてミドル距離でのグリーンオーバーなどのイージーなミスも幾つかあり、技術や精神的なもの、コースマネジメントなどにもおやっと思えるミスが有るので、全体的なバランスが整っていないのでしょう。

メジャー優勝にはまだまだ時間がかかりそうですね。

さあ、あと一日、もう一度爆発を見せてください。


頑張れ、松山英樹♪


日本人選手の3日目終了時点の成績まとめ


25位T(-3):松山英樹
39位T(-1):金谷拓実(アマチュア)
50位T(+2):小平智
-------以下予選落ち-------------------------- 
69位T(+4):今平周吾



■松山英樹選手の2018-2019年PGA(米国ツアー)の全成績


 7戦(02月14日~) ジェネシス・オープ                  9位T(-7)
 6戦(01月31日~) ウェイストマネジメントフェニックスオープン    15位T(-9)
 5戦(01月24日~) ファーマーズインシュランスオープン3日      3T位(-16) 
 4戦(01月11日~) ソニーオープンinハワイ              51位T(-6)
 3戦(11月29日~) ヒーローワールドチャレンジ            18位T(E)
 2戦(10月25日~) WGC-HSBCチャンピオンズ          30位T(+3)
 1戦(10月18日~) ザ・CJカップ                  18位T(-8)


■松山英樹選手の2017 -2018年PGA(米国ツアー)の全成績
   ⇒2017 -2018年PGA(米国ツアー)の全成績



« スポンサードリンク »

松山英樹 PGA成績、フェデックスポイントランキング

日本期待の松山英樹の成績をまとめました。


■松山英樹選手の2018-2019年PGA(米国ツアー)の全成績


10戦(03月14日~) ザ・プレーヤーズ選手権               8位T(-12)
 9戦(03月07日~) アーノルド・パーマー招待             33位T(-2)
 8戦(02月21日~) WGC-メキシコ選手権               19位T(-5)
 7戦(02月14日~) ジェネシス・オープ                 9位T(-7)
 6戦(01月31日~) ウェイストマネジメントフェニックスオープン    15位T(-9)
 5戦(01月24日~) ファーマーズインシュランスオープン3日      3T位(-16) 
 4戦(01月11日~) ソニーオープンinハワイ              51位T(-6)
 3戦(11月29日~) ヒーローワールドチャレンジ            18位T(E)
 2戦(10月25日~) WGC-HSBCチャンピオンズ          30位T(+3)
 1戦(10月18日~) ザ・CJカップ                  18位T(-8)

■松山英樹選手の2017-2018年PGA(米国ツアー)の全成績


  年間フェデックスランキング:13位

                 ※2017-2018プレーオフ
22戦(09月20日~) ※ツアー選手権                  4位T(-6)
21戦(09月06日~) ※BMW選手権                  15位T(-14)
20戦(08月31日~) ※デルテクノロジーズ選手権            4位T(-12)
19戦(08月23日~) ※ザ・ノーザントラスト              15位T(-9)
18戦(08月16日~) ウィンダム選手権                 11位T(-14)
17戦(08月09日~) 全米プロゴルフ選手権               35位T(-4)
16戦(08月02日~) WGCブリヂストン招待              39位T(+1)
15戦(07月19日~) 全英オープン                   予落(+4)
14戦(07月12日~)  スコットランドオープン              予落(-2)    
13戦(06月14日~) 全米オープン                   16位T(+10)
12戦(05月31日~) メモリアル・トーナメント             13位T(-10)
11戦(05月17日~) AT&Tバイロン・ネルソン選手権          16位T(-12)
10戦(05月10日~) ザ・プレーヤーズ選手権              予落(+4)
 9戦(05月 3日~) ウェルズ・ファーゴ選手権             予落(+4)
 8戦(04月 5日~) マスターズ                    19位T(-3)
 7戦(03月15日~) アーノルド・パーマー招待             49位T(-1)
 6戦( 2月 1日~) ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン 棄権
 5戦( 1月25日~) ファーマーズ・インシュランス・オープン      12位T(-5)
 4戦( 1月 4日~) セントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズ  4位T(-14 )
 3戦(11月30日~) ヒーロー・ワールド・チャレンジ          5位T(-11)
 2戦(10月26日~) WGC-HSBCチャンピオンズ          50位T(+4)
 1戦(10月12日~) CIMBクラシック                5位T(-16)


■松山英樹選手の2016 -2017年PGA(米国ツアー)の全成績


   フェデックスポイントランキング:8位(1093p)

23戦( 9月21日~) プレーオフ第4戦:ツアー選手権          26位T(+6)
22戦( 9月14日~) プレーオフ第3戦:BMW選手権          47位T(-5)
21戦( 9月01日~) プレーオフ第2戦:デル・テクノロジーズ      23位T(-5)
20戦( 8月24日~) プレーオフ第1戦:ノーザントラスト        予選落ち(+3)
19戦( 8月10日~) 全米プロゴルフ選手権               5位T(-5)
18戦( 8月03日~) WGCブリヂストン招待              ☆優勝(-16)        
17戦( 7月20日~) 全英オープン                   14位T(-2)
16戦( 7月 6日~) ドバイデューティーフリー アイルランド(欧州)   14位T(-13)
15戦( 6月15日~) 全米オープン                   2位T(-12)           
14戦( 6月01日~) メモリアル・トーナメント             45位T(+2)
13戦( 5月11日~) ザ・プレーヤーズ選手権              22位T(E)
12戦( 4月27日~) チューリッヒクラシック(谷原とペア)       32位T
11戦( 4月 6日~) マスターズ                    11位T(-1)                  
10戦( 3月16日~) アーノルド・パーマー招待             45位T(+2)
 9戦( 3月 2日~) WGC−メキシコ選手権              25位T(-3)
 8戦( 2月16日~) ジェネシスオープン                予選落ち(+3)
 7戦( 2月 2日~) フェニックス・オープン              ☆優勝(-17)
 6戦( 1月27日~) ファーマーズ・インシュランス・オープン      33位T(-4)
 5戦( 1月12日~) ソニーオープン・イン・ハワイ           27位T(-11)
 4戦( 1月 5日~) SBS トーナメント・オブ・チャンピオンズ      2位(-19)
 3戦(12月 1日~) ヒーロー・ワールドチャレンジ(PGA非公式)    ☆優勝(-18)
 2戦(10月27日~) WGC-HSBCチャンピオンズ          ☆優勝(-23)
 1戦(10月20日~) CIMBクラシック                2位(-20)


■松山英樹選手の2015-2016年PGA(米国ツアー)の全成績


   フェデックスポイントランキング:13位(728p)




« スポンサードリンク »

松山英樹 ジェネシス・オープンで9位タイ、調子はイマイチなのに凄いね

米男子ツアーのジェネシス・オープに出場した松山英樹は、初日1バーディ、1ボギーで出遅れ70位台で予選落ちの危険もあったが、徐々に順位を上げて最終9位とは、底堅い実力には日本一の凄さが伺えた。

中でも最終日のスコア(67)は、ベストスコアに1打及ばなっかったものの素晴らしいプレイの結果であり、後一歩の調整と調子が上がれば優勝も可能と期待が出來る。

では、松山の4日間のスコアを観てみよう。

松山英樹のジェネシス・オープン成績


1日目( E):0イーグル、1バーディ、1ボギー   72位
2日目(-2):0イーグル、5バーディ、3ボギー   34位
3日目(-1):0イーグル、4バーディ、3ボギー   36位
4日目(-4):0イーグル、5バーディ、1ボギー    9位

  通算 -7  9位タイ 優勝のJ・B・ホームズ(-14)とは7打差

このスコアを見ても分かるように、初日のバーディの少なさと2日・3日のミスの多さが優勝に届かない原因である。

まだまだティーショット・アイアンの不安定は松山も歯がゆいいところ、最終日にトップが伸び悩んだことからも惜しいミスではある。

でも、本人が調子がイマイチと言いながらこの順位、今年は優勝を見せてくれる可能性が高いと私は見ている。

頑張れ、松山英樹♪


日本人選手の最終成績まとめ


 9位T(-7):松山英樹
予選落ち:小平智


■松山英樹選手の2018-2019年PGA(米国ツアー)の全成績


 7戦(02月14日~) ジェネシス・オープ                  9位T(-7)
 6戦(01月31日~) ウェイストマネジメントフェニックスオープン    15位T(-9)
 5戦(01月24日~) ファーマーズインシュランスオープン3日      3T位(-16) 
 4戦(01月11日~) ソニーオープンinハワイ              51位T(-6)
 3戦(11月29日~) ヒーローワールドチャレンジ            18位T(E)
 2戦(10月25日~) WGC-HSBCチャンピオンズ          30位T(+3)
 1戦(10月18日~) ザ・CJカップ                  18位T(-8)


■松山英樹選手の2017 -2018年PGA(米国ツアー)の全成績
   ⇒2017 -2018年PGA(米国ツアー)の全成績



« スポンサードリンク »

2019フェニックスオープン 松山英樹は15位|優勝にはまったく手が届かず!

先週の好調なプレイ(1日だけ低迷)から多くのゴルフファンは、松山英樹の本大会「ウェイストマネジメント フェニックスオープンの優勝を期待した。

しかし、ドライバーとパターに不安を持っている松山は、優勝に必要な安定さに欠けスコアを伸ばすことが出来なかった。

先週は3日間優勝に値するスコアを出し1日低迷、今週は1日もビックスコア(6アンダー以上)を出せず、1日目:-3、1日目:-2、3日目:-2、4日目:-2 の通算9アンダーは、残念ながら先週より調子は落ちていることになる。

3日目を終わり20アンダーで2位に4打差をつけたR・ファウラーが独走かと思われたが、天候の悪さや本大会の相性の悪さの影響かダボ、トリプルを出して混沌となったが、何とか踏ん張りこの日は3オーバーながらも17アンダーで優勝した。

トップグリープの最終日の低迷はまったく予想外、こんなこともあるのだから松山の低迷は、ひょっとすると長引くかもしれない。

松山英樹の2019年のウェイストマネジメント フェニックスオープン成績


1日目(-3):0イーグル、4バーディ、1ボギー   27位
2日目(-2):0イーグル、5バーディ、3ボギー   24位
3日目(-2):0イーグル、4バーディ、2ボギー   25位
4日目(-2):0イーグル、4バーディ、2ボギー   15位

  通算 -9  15位タイ 優勝のR・ファウラー(-17)とは8打差

松山が優勝を重ねた2016-2017シーズンは、ドライバーの不調などはまったく無かったように思う。

それが今シーズンは何度かプレイで出ているので心配である。

昨シーズンは優勝が無かった松山、優勝から遠ざかる癖が付くのが怖いね!


日本人選手の最終成績まとめ


15位T(-9):松山英樹
72位 (+4):小平智


■松山英樹選手の2018-2019年PGA(米国ツアー)の全成績


 6戦(01月31日~) ウェイストマネジメントフェニックスオープン    15位T(-9)
 5戦(01月24日~) ファーマーズインシュランスオープン3日      3T位(-16) 
 4戦(01月11日~) ソニーオープンinハワイ              51位T(-6)
 3戦(11月29日~) ヒーローワールドチャレンジ            18位T(E)
 2戦(10月25日~) WGC-HSBCチャンピオンズ          30位T(+3)
 1戦(10月18日~) ザ・CJカップ                  18位T(-8)


■松山英樹選手の2017 -2018年PGA(米国ツアー)の全成績
   ⇒2017 -2018年PGA(米国ツアー)の全成績



« スポンサードリンク »

Return to page top

キャピタルゲイン