ホーム »  -パット練習

パターの引っ掛けやスライスを直すポイントの1例

パターの引っ掛けやスライスを直す方法を紹介します!


パターで引っ掛けやスライスが出る、つまり真っすぐ転がらないと、
特にショートパットが難しくなってスコアもまとまりません


従って、パターで一番重要なことは、
真っすぐ転がすことだといえます


そうすれば1mぐらいのショートパットの入る確率が格段に高まり、
ロングパットも1mぐらいの範囲に届けばいいので、
すごく楽にパットができるようになります


■パターの引っ掛けやスライスを直す1例

引っ掛け、スライスは手首が動きすぎることによって、
おきることが多いのでパターでは手首はあまり動かさないのがいいです

1)パターのフェースと構え
  フェースは転がす方向と直角になっるようセットし、
  足の位置を固めますが、下半身が動かないようにするため
  股の付け根内側に体重をかけるようにします

2)手首の角度は構えた時と変えない
  構えた時の手首の角度を変えないようにテークバック、
  切り返し、インパクトも手首はほとんど動かさない

  ※コツは両手の手の平の手首側をくっつけたまま
    スイングをする感じです

3)左肩で振り子スイング
  左肩でテークバック、切り返しはも左肩、但し振り子の感じで、
  スイングを練習しましょう

  ※真っすぐ転がすコツは、切り返し後に左肩が引けないように注意し、
    やや前に出る感じで左肩を引き上げていく


ちょっと解りづらいかもしれませんが、
出来れば自宅で、マットを使って練習してみてください



パターの引っ掛け、スライスが直りますように!
  



« スポンサードリンク »

ゴルフパッティングのボール回転を良くする方法(一例)

ゴルフパッティングのボール回転を良くする方法

ゴルフのパッティングで一番大事なことは、
ボールの回転が真っすぐ回転することなんです


つまりフック回転やスライス回転の無いボールの転がりが、
回転の良いボールといえます


では、ボールが真っすぐ回転しているか、
回転していないかの確認はどうすればできるでしょうか?


それはボールに書かれている真っすぐのブランド名や直線を
真上にした状態でホールに向けて置き、パット練習をします


その時、その書かれた線が真っすぐ転がっていれはOK、
歪んでみれば真っすぐ転がっていないことになります


もし、あなたのパットが入らない、転がりが悪くてショートすることが多いなら、
次のポイントを試してみてください


■パッティングのボール回転を良くする方法(一例)

・ボールの右端が両足の中心になるように置く

・パターのフェースが転がり方向の直角になるようにセットする

・両足をしっかりかためて(膝がやや曲がった状態)、
 左膝の頭がボールの右端を見るイメージで、
 パット中には絶対に膝が動かないないようにする

・グリップは左手がやや強く、ファース面が反らない程度に握り、
 両肩・両膝・手の5角形が崩れないように保つ

・テークバックは左肩で行い、切り返しは振り子の感覚で行う
 ボールには自然に振り子の速度で当たる感じで、
 ボールを打ちにいかない

  ※この振り子感覚がボールの回転を良くするのです

 距離感はテークバックの幅の大きさで養う

 ※ボールを打ちにいくとフェース面が僅かにズレて、
   フックやスライスになり易く、真っすぐ転がらない



如何でしょうか、一度試してみて自分なりの感覚を加味すれば、
これまでのパットを大幅に改善できると思います


参考になれば幸いです!







« スポンサードリンク »

パターを真っ直ぐ打つコツ|自宅のマット練習でコツを掴む!

パターを真っ直ぐ打つことが出来れば大幅にスコア改善!


アマチュアゴルファーの中には、いろいろな都合により、
ラウンド数の少ない方も多いと思います


このような方やゴルフ初心者の方の中には、
パットが苦手な方も多いと思います


その主な原因は練習量と実践の少なさですが、
もう一つはパットの基本中の基本である
パターを真っ直ぐ打つことが出来ていないと思われます


パターは真っ直ぐ打つことが出来れば、
1mぐらいのショートパットの入る確率が
とても高くなり70~80%以上になります


この1mぐらいのパットを高い確率で入れることが、
パットが上手くなる最大のポイントと行っても
過言ではないと思います


では、パターを真っ直ぐ打つコツとは?


■自宅でパターマットを使って練習する方法

1)1mぐらい先にボールを置いておく

2)パターで打つボールは、ボールの右側端が体の中心になるように置く

3)1m先のボールを狙い、パターフェースがボールに直角になるようにセット
  この時、左肩と右肩に目がある感じで、
  パターフェースのセット位置(中心)を見る感じで、
  両肩が中心線を真っ直ぐ移動する感じで打っていく

  これは、パターフェースが直角にボールに当たり、
  真っ直ぐ移動することと、特に左肩が開かないことを
  重点にしたパットスイングです


これで1mぐらい先のボールに真っ直ぐ当たる確率が高くなれば、
パター上達に大きく前進したことになります



もし、あなたがパットを苦手にしているなら一度試してみてはいかが!

  

« スポンサードリンク »

転がりの良いパットの打ち方|宮里藍選手のパットから学ぶ!

米国ツアーで大活躍の宮里藍選手のパットから学ぼう!

宮里藍選手は、2010年に米国ツアーで年間5勝を上げ、
世界ランク1位にもなったものすごい選手である


ところが、2012年に9勝目「ウォルマートNWアーカンソー選手権」以後は、
優勝から遠ざかり、近年はシード権獲得に苦労するほどの低迷ぶり


多くのファンがもう米国ツアーでは通用しないのかと
落胆していたのが実態であった


ところが、2016年3月24日の「キア・クラシック」から、
突然パットが良くなり、単独3位と復活しました


そして、現在試合中のメジャー初戦「ANAインスピレーション」においても、
前半ラウンドを首位タイで終えて、優勝争いを行なっています


好調の理由はいくつかありますが、
中でもパットの好調が大きいものと思われます



藍選手のコメントにも出ていますが、
ボールの転がりが良くなったとも言っています


その理由として、パターのフェース角を変えたのが大きいようですが、
藍選手のパットを見ていると次のことがよくわかります


ポイントは、テークバックが小さい割によく転がるということです!


これは、テークバックを真っ直ぐ引くための重要なポイントで、
世界ランク1位のリディア・コにも見られる共通点です


そこで、さっそく試してみたのですが、
テイクバックが小さいと私のスイングでは転がりが悪い


おかしい、おかしいと思いながら何日もやってみました


それが3日ぐらいやっているうちに、「よく転がる」ようになったのです


■よく転がるパットを打つ方法

1)グリップはヘッドの重みを感じるように軽く握る

2)ボールは真ん中のやや左に置く

3)テークバックはヘッドの重みを感じながら真っ直ぐ短く引いて、
  カット打ちにならないよう注意しながら、ヘッドの重みで打つ

  この時、左肩が開かないよう注意して、打ち急ぎをせずに
  振り子のようヘッドを通していく


このような感じで何度もやっていたら、短いテークバックでも
強く打たなくても、驚くほどボールの転がりが良くなりました



パットが上手くいかない人は一度試してみてはいかが?







« スポンサードリンク »

順目・逆目の読み方|パットの距離感を決める上で欠かせない!

グリーン(芝)の順目・逆目を読むことはとても重要!

ゴルフのパッティングで最も重要なのが距離感です

この距離感が悪いとカップインが難しく、
スリーパットも多くなります

そして、距離感に影響するのが芝の順目・逆目、
従ってグリーンの芝を読むことがポイントになります


■グリーンの順目・逆目を見分ける5つの方法

1)カップを上から見て芝の飛び出しを見る
  芝の葉先がカップの手前から中側に飛び出している場合、
  飛び出している方向が順目となります

  ※但し、葉をきれいにカットされていると使えない


2)天候の良い日は芝の濃淡で判断する
  ボールの後方から芝を見た場合、芝が白く光っていれば順目、
  芝が濃く、暗く見えたら逆目となります

  ※曇りの日や目の悪い人は判断しにくい場合がある


3)海に向かって芝は伸びる
  芝は水に向かって伸びる習性がありますので、
  ゴルフ場近くに海があれば海の方向が順目となります


4)山岳コースでの芝目の読み方
  山岳コースでは山から谷に向かって水が流れるので、
  芝もその方向になびきます。

  従って、山に向かって打つ場合は逆目、
  逆の場合が順目となります


5)太陽の影響も受ける芝目
  太陽が沈む方向(西)に打つ場合が順目、
  出る方向(東)が逆目

  ※これは参考程度に考え、できれば1~4項で芝目を読みましょう


なお、ショートパット(1m程度)の場合は、
順目・逆目の影響は少ないので考慮せず打ちましょう!




« スポンサードリンク »

Return to page top

キャピタルゲイン