ホーム » ●飛距離アップの筋トレ » 膝を痛めない、膝が痛い人におすすめのスクワット法!

膝を痛めない、膝が痛い人におすすめのスクワット法!

ゴルフで飛距離を維持したり、アップするには、ある程度の下半身の強さが必要です。

しかし、膝が痛い人や痛めやすい人は、通常のウォーキングやスクワットなどの筋トレがやりづらいのも事実です。

特に下半身強化に効果的なスクワットは、膝が痛い人や痛めやすい人はやりたくてもやれないという問題があり、私も良い方法がないか探していました。

そんな中で見つけたのが「椅子を使ったスクワット法」で、膝を痛めない、膝が痛くても出来る効果的なスクワットです。


椅子を使うスクワットで効果あり


これは家にある普通の椅子を使ってスクワットを行う方法で、膝への負荷が少なく太もも前の筋肉(大腿四頭筋)やお尻の筋肉(大臀筋)などを鍛えることができます。

・まず、背骨を伸ばして椅子に座ります。
 この時、太ももが床にほぼ平行になる椅子の高さがベター、そして膝が足の爪先より前に出ないことが
 膝に負担をかけないポイントとなります。

・次に立ち上がりますが、完全に膝を伸ばして立ち上がるのではなく、
 太ももが45度ぐらいのところで止めて座ります。

・以上の繰り返しを10回1セットで休み、膝を痛めない程度に1日に3~5セット行います。


ミズノスクワットスリールを効果的に使う


スクワットで膝を痛めない、膝が痛い人でもスクワットで鍛られるように作られたのが「ミズノスクワットスリール」です。



これは座ると太ももが床とほぼ平行になり、ちょっと立ち上がると椅子が上昇するようになっており、スクワットが容易にできるようになっています。

これでも充分に大腿四頭筋や大臀筋などを鍛えることができるようです。


私は左膝が時々痛むのでスクワットをやりたいのですが、出来ない筋トレ法でした。

おまけに腰痛持ちなのでウォーキングも長い距離が出来ず、下半身の筋力低下で困っていました。

それでもスイングの改造でMAX250ヤード飛ばせますが、雨が続いたり、連休などで孫の相手をしていると下半身の筋力が低下し、飛距離が落ちます。

そんな中、椅子を使うスクワット法を見つけたので、これから毎日コツコツ続けています。

この方法は膝に負荷をかけないで大腿四頭筋や大臀筋を鍛えられるので、良い方法を見つけたと思っています。


これで安定して250ヤード飛ばせるようになれそうです♪







関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top

キャピタルゲイン