FC2ブログ
ホーム »  -松山英樹 » 2017-2018PGAツアー 松山英樹は未勝利で終わる|タイガー・ウッズは5年ぶり勝利

2017-2018PGAツアー 松山英樹は未勝利で終わる|タイガー・ウッズは5年ぶり勝利

2017-2018PGAツアーは、プレーオフ最終戦「ツアー選手権(9月23日)」タイガー・ウッズの5年ぶりの優勝で幕を閉じた。

今シーズンの主な出来事(独断)を記載してみました。

・昨シーズン4勝(PGA非公式1勝含む)した松山英樹は、怪我をしたことや
 4日間プレイのうち1~2日安定性に欠けたプレイがあり優勝には届かなかった。

 それでも年間フェデックスランキングは13位と健闘した。

・日本人選手では小平智選手が4月の「 RBCヘリテージ 」で初優勝、今シーズ日本人唯一の優勝となった。

 この優勝によって2年間のツアー出場権を獲得、その後の試合では全英オープン35位が最高で、
 プレイに安定性を欠き、ファンの期待に応えられなかった。

・年間チャンピオンはジャスティン・ローズが獲得し、ボーナス1000万ドルを得た。

・タイガー・ウッズ(42)がプレーオフ最終戦「ツアー選手権」で5年ぶりの優勝を飾り、
 これで通算80勝、PGAツアー優勝最多のサム・スニード(82勝)を超える可能性も出てきた。

・躍進著しい新人はブライソン・デシャンボー、6月の「メモリアル・トーナメント」で初優勝、
 プレーオフ1戦・2戦目の連続優勝で今季3勝、ツアー2年目にして大躍進である。

 そして年間フェデックスランキングの3位は立派すぎる。


松山のプレーオフ最終戦の成績を見てみよう

松山選手の「ツアー選手権」のスコアまとめ


1日目(+2):0イーグル、3バーディー、5ボギー   25位(1位と7打差)
2日目(-4):0イーグル、4バーディー、0ボギー   10位(1位と5打差)
3日目(+1):1イーグル、1バーディー、4ボギー   16位(1位と11打差)
4日目(-5):0イーグル、6バーディー、1ボギー    4位(1位と5打差)

  通算 -6  4位タイ(首位のタイガー・ウッズとは5打差)

2日目の好スコア、4日目最終日はベストスコアなど爆発力のある松山選手だけど、
今季未勝利を象徴するように、初日の5ボギー、3日目の4ボギーでスコアを落とした。

もし、初日・3日目を我慢して1~2打伸ばしていれば、優勝に手が届いた位置に。

このように4日間で1~2日不安定なショットが出て、優勝のチャンスを逃したのが今季の特徴、
まあ、調子が悪いのは誰もがこのような状態に陥るからであろう。

さあ、10月になれば2018-2019PGAツアーも始まる、2年連続未勝利は絶対に避けよう、
4日間安定したゴルフ、負けないゴルフを目指してまずは1勝だ!

頑張れ、松山秀樹!


■松山英樹選手の2017-2018年PGA(米国ツアー)の全成績


  年間フェデックスランキング:13位

                 ※2017-2018プレーオフ
22戦(09月20日~) ※ツアー選手権                  4位T(-6)
21戦(09月06日~) ※BMW選手権                  15位T(-14)
20戦(08月31日~) ※デルテクノロジーズ選手権            4位T(-12)
19戦(08月23日~) ※ザ・ノーザントラスト              15位T(-9)
18戦(08月16日~) ウィンダム選手権                 11位T(-14)
17戦(08月09日~) 全米プロゴルフ選手権               35位T(-4)
16戦(08月02日~) WGCブリヂストン招待              39位T(+1)
15戦(07月19日~) 全英オープン                   予落(+4)
14戦(07月12日~)  スコットランドオープン              予落(-2)    
13戦(06月14日~) 全米オープン                   16位T(+10)
12戦(05月31日~) メモリアル・トーナメント             13位T(-10)
11戦(05月17日~) AT&Tバイロン・ネルソン選手権          16位T(-12)
10戦(05月10日~) ザ・プレーヤーズ選手権              予落(+4)
 9戦(05月 3日~) ウェルズ・ファーゴ選手権             予落(+4)
 8戦(04月 5日~) マスターズ                    19位T(-3)
 7戦(03月15日~) アーノルド・パーマー招待             49位T(-1)
 6戦( 2月 1日~) ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン 棄権
 5戦( 1月25日~) ファーマーズ・インシュランス・オープン      12位T(-5)
 4戦( 1月 4日~) セントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズ  4位T(-14 )
 3戦(11月30日~) ヒーロー・ワールド・チャレンジ          5位T(-11)
 2戦(10月26日~) WGC-HSBCチャンピオンズ          50位T(+4)
 1戦(10月12日~) CIMBクラシック                5位T(-16)


■松山英樹選手の2016 -2017年PGA(米国ツアー)の全成績
 ⇒2016 -2017年PGA(米国ツアー)の全成績





関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top

キャピタルゲイン