FC2ブログ
ホーム » ●最近気になったこと » ゴルフスイングがわからなくなったら!B・デシャンボーの簡単スイング

ゴルフスイングがわからなくなったら!B・デシャンボーの簡単スイング

ゴルフスイングがわからなくなっり、迷いが出たりしたらブライソン・デシャンボーの簡単スイングがオススメです。

そう、初心者の方が参考にするスイングとしてもシンプルなので身につ付けやすいですね。

B・デシャンボー(米国)は米ツアー3年目ですが、2018-2019シーズンの「シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン」でツアー5勝目を挙げました。

2017-2018シーズンのプレーオフシリーズで4戦中2勝を挙げながら惜しくも年間チャンピオンを逃しましたが、今やアメリカを代表するトップ選手、2018-2019シリーズの自身初戦で優勝するとは、タイガーウッズも顔負けの選手になりそうです。

B・デシャンボーは、「ゴルフをシンプルで簡単に」で有名な理論派、アイアン全ての長さを同じにしたり、ドライバー・アイアン・パット全てのスイングを両肘を真っ直ぐ伸ばして、肩からクラブヘッドまでを一直線にして行うなど、確かにシンプルなゴルフをしています。

   braison

上図がドライバーの構えですが、両肘共伸ばして真っ直ぐ伸ばして構えていますね、一般的には右肘をやや曲げるのですが(私も) 彼は真っ直ぐ伸ばしていますね。

両肘を真っ直ぐ伸ばすスイングも、パットさえも真っ直ぐ伸ばすのは、なんか初心者・素人のような感じがして、格好悪いような気がしますが、それで正確なショット・パットで優勝するのですから彼の理論は正しいとも言えます。


素人目にも分かりやすい両肘を真っ直ぐ伸ばすスイング、真似をしてみる価値はありそうです。!


B・デシャンボーのゴルフシンプルスイングを試す


私は9月中旬に突発性難聴を患い、その後に腰痛も出たりして、今年はもうラウンドはしないことにきめました。

なの、練習でB・デシャンボーのスイングフォームを真似してみて、その感触を確かめてみます。

もし、結果が良ければ来シーズンから採用するつもりです。


マットを使って真っ直ぐ両手を伸ばしてパットをしてみた


やってみるととてもシンプルで違和感はなく、精度も良くなる感触です。

・腰をあまり曲げなくてもパットが出来るので、腰の負担が小さく腰痛持ちにはありがたい。

・腰や肘を曲げないので、曲げる程度のバラツキが無くなり精度が上がるかも


素振り練習用クラブでの練習


私のこれまでのスイングは殆どのゴルファーがやっている右肘をやや曲げるスイング、思い切って両肘を伸ばしてスイングしてみました。

素振りをやってみた限りでは、殆ど違和感がなかった。


第1次のまとめ


1)両肘を伸ばすためパットでの腰の曲げが少なくなり、腰痛持ちの私には適切。
2)パットの精度も上がりそう
3)ドライバー、アイアンのスイングにも違和感はない

以上から、次は実際にボールを打って確かめてみよう。


結果は、別途ご報告します。








関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top

キャピタルゲイン